医療脱毛は医療機関での施術

医療脱毛は医療機関での施術

医療脱毛は、医療機関での施術なので絶対に安全というわけではありません。
医療脱毛で使われる医療用レーザーは照射量が強いため、効果も高いのですが、その分皮膚へのダメージも大きくなってしまいます。
そのため、個人差はありますが、少なからずトラブルが起きてしまうことがあるのです。
では、そんな医療脱毛の施術後に起きるトラブルで多いものですが、まず全体的な赤みがあります。
これはレーザーの熱によって一時的に皮膚が軽い炎症を起こしている状態で、赤みの度合いの差はあれど医療脱毛の施術を受けた人のほとんどに現れます。

基本的に一週間程度でおさまりますが、もしも、強い痛みや水泡などがある場合は軽い炎症ではなく火傷と同じ状態といえますので、早急に治療を受けるようにしましょう。
また日焼け対策を怠ってしまうことで起こる脱毛部位の色素沈着もアフターケア不足で起こる問題といえます。
脱毛後は皮膚が外部からの刺激に対して敏感になっていますので、紫外線を直接浴びるのは厳禁です。
日焼け対策をしっかり行って予防するようにしましょう。
その他、医療脱毛ではあまり起こりませんが、免疫力が低下している時などに施術を受けると毛穴や皮膚から細菌が侵入して、ニキビのような状態となる毛嚢炎を起こすことがあります。

毛嚢炎は最近による炎症なので抗生物質の投与などで回復しますが、予防するには体調が万全な時に脱毛施術を受けることです。
このように脱毛のあとに起こる肌トラブルには、脱毛によってダメージを受けることで起こりやすいので、脱毛効果を高めるという意味でも施術後のアフターケアをしっかり行うようにすることで早期の回復やトラブルの予防に繋がるのです。

最近では医療脱毛は痛いから脱毛サロンに通われる人が増えてきています。
色々な脱毛サロンがあるのですが一番痛くない脱毛と言われていて、全身脱毛おすすめなのがディオーネですね。
私の家のご近所にディオーネのサロンがあるのですが、
とても落ち着いた雰囲気でちょっと贅沢感が味わえてとても有意義に過ごす事ができます。
子育ての疲れが一気に吹き飛ぶ感じでオススメです。

医療機関で行われる脱毛

医療脱毛とは医療機関である美容クリニックや美容外科などで行われる脱毛の事です。 医療機関で行われる脱毛ですので、医療行為になります。

ですから、施術は医師か医師の指導の下に看護スタッフが行います。 また、脱毛機器は医療行為に使用する機器になりますので、厳しい安全審査にクリアした機器のみの使用となります。 更に医療脱毛では施術時の痛みが強い時には麻酔クリームなど使用してくれたり、肌に炎症が起きた時には薬を処方してくれたりとアフターケアも万全です。

医療脱毛で永久脱毛の施術をする最大のメリットは医療機関で施術を行っているという安心感でしょう。 しかし、医療脱毛にはデメリットもあります。 そのデメリットとはエステサロンに比べて施術料金が高い事です。 そして、もう一つのデメリットは施術時の痛みがエステサロンに比べて強い事です。だからこそ、永久脱毛の効果は早いし永久脱毛の効果を実感できます。昔の永久脱毛はニードルのみだったわけですから、ニードルの痛みに比べたらレーザーの痛みなんてへっちゃら、なんて声も聞こえたりします。永久脱毛でムダ毛とお別れできるなら、痛みを我慢できてしまうものかもしれません。

ただし、施術料金については、キャンペーンを利用する事で医療脱毛でもお得に施術する事が出来ますし、施術時の痛みについては麻酔クリームなどの使用で痛みを弱める事が出来ます。 医療脱毛にはデメリットもありますが、キャンペーンや麻酔クリームなどを使用する事で解決出来るのです。